美味しいバナナを求め沖縄で多品種のバナナを栽培しています。グァバ、パッションフルーツ、マンゴー等の熱帯果樹、アガベ、アロカシアなどの観葉植物、多肉植物についても紹介しています。

ポケット糖度計 PAL-1を買ってみました

本当に今更なんですが、果物好きとしては是非持っておきたいアイテム『糖度計』を買ってみました😄

中古をメルカリで購入しました(^-^)

メルカリが50%還元をしていたのでお得に購入できました✨箱説明書付きで物もきれいでした。

んで、早速何か計りたいなーと言うことで、ちょうどグァバの実があったので計ってみました。

適当に潰して計ったところ、11.1と出ました。

そこでちょっと気になったのですが、これって果肉とか固形物が入っていても屈折率に影響はないんだろうか?と言う疑問。

動作を見るとセンサー部でピカピカと光るので、少しは影響があるような気がします。

そこで詳しそうな方に聞いてみると、その方は丁寧に濾して計測しているそう。また、デジタル機器は電源を入れてすぐは安定しないこと、複数回計測して数値が安定している事を確認する事と言うアドバイスを受けました。

なるほどです。勉強になります。

そこでもう一度計るべく別の実をとってきました。

ちゃんと濾すものが無かったのですが、とりあえず茶濾しを使って濾しました。

計ってみたところ最初の計測は12.1でした。

その後も数分おきに計ってみたところ、最終的には12.3で安定しました。

もともとPAL-1の測定精度として、+-0.2%なので大体このあたりの数字と見て良さそうです。

グァバは中心付近と周りでは甘さが違うので、中心付近の果肉を使用しています。

ちなみにこのグァバを食べた感想は特別甘くもなく薄くもなく、普通のグァバといった感じだったので、グァバの糖度の基準にしていこうかなと思います。

グァバは雨の後はなんとなく水っぽく薄く感じる事もあるので、計測器があるとハッキリわかって良いですね!

ランキングに参加しています!
応援のクリックよろしくお願い致します!
▼ ▼ ▼
にほんブログ村 にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加









コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。