美味しいバナナを求め沖縄で多品種のバナナを栽培しています。グァバ、パッションフルーツ、マンゴー等の熱帯果樹、アガベ、アロカシアなどの観葉植物、多肉植物についても紹介しています。

アガベ・チタノタの品種いろいろ

チタノタの種類がいくつか増えてきたので紹介です(^^)

アガベ・チタノタ集合写真

最初チタノタ系っていろいろあるけど何が違うのか分かりませんでしたが、並べてみると結構違いますね。

チタノタの種類は大きく分けると、葉が青く棘もそれほど厳つくない『ランチョタンバ―系』と、葉が緑で幅広、棘も厳つい『FO-76系』に分かれるようです。

日本でチタノタと言えば「ナンバーワン」とか「農大」とかがよく耳にする名前ですが、それらは『FO-76系』ですね。

チタノタ・ブルーやホワイトアイスが『ランチョタンバ―系』になります。

他にも「白鯨」とか「シエラミクスティカ」とか「巌流」とか呼ばれるチタノタもありますが正直違いが良く分かりません💦

しまいには「ホワイトシャーク」とかも見かけるし、もう鯨なの?鮫なの?って感じで訳わかりません。。。

 

とりあえず我が家のチタノタ紹介です(^^;

アガベ・チタノタ “ナンバーワン” (Agave titanota “No.1”)

ガベ・チタノタ "ナンバーワン" (Agave titanota "No.1")
アガベ・チタノタ “ナンバーワン” (Agave titanota “No.1”)

産直市場の園芸コーナーみたいなとこで売られていた物です。店の人曰くだいぶ前に入手して名前もわからずずっと育ててたものらしいです。葉は肉厚で棘も厳つく、またあまり大きくならないと言っていたので、「チタノタ “ナンバーワン”」になるんじゃないかな?と思います。

ちなみに”ナンバーワン”と言う名前は、昔チタノタの名前がまだ無かった頃に、東京農大の方で、管理ナンバー”No.1”として管理していた物が流通した事が由来になっているそうです。なのでナンバーワン=チタノタと考える事もできるし、その時農大にあった”No.1”を他のチタノタとは区別して捉え、農大ナンバーワンと考える事もできます。おそらくそこからさらに選抜されていった物が”農大巌流”と言った呼び名に繋がっていくのではないでしょうか。

ハッキリとした定義が無いので、ヤフオクやメルカリなどで出品されている”ナンバーワン”を見ると、結構バラつきがあるように思いますね。

アガベ・チタノタ “ホワイトアイス” (Agave titanota “Whiteice” )

アガベ・チタノタ "ホワイトアイス" (Agave titanota "Whiteice" )
アガベ・チタノタ “ホワイトアイス” (Agave titanota “Whiteice” )

青白い葉に白い棘が特徴の美種。成長がとても早いです。

アガベ・チタノタ “ブラック&ブルー” (Agave titanota “Black&Blue” )

アガベ・チタノタ "ブラック&ブルー" (Agave titanota "Black&Blue" )
アガベ・チタノタ “ブラック&ブルー” (Agave titanota “Black&Blue” )

青白い葉に黒い棘とボール状にまとまった形が特徴。文句無しにカッコいいですね!

アガベ・チタノタ “ブルー” (Agave titanota “Blue” )

アガベ・チタノタ "ブルー" (Agave titanota "Blue" ) 細葉タイプ
アガベ・チタノタ “ブルー” (Agave titanota “Blue” ) 細葉タイプ

『ランチョタンバ―系』のチタノタ。種子が結構出回っていて個体によりバリエーションがあります。こちらは実生から育てたもので、一般的なチタノタブルーよりも葉が細長いタイプ。

ちなみにチタノタ”ブルー”はもう一つ持っていまして

アガベ・チタノタ "ブルー" (Agave titanota "Blue" )
アガベ・チタノタ “ブルー” (Agave titanota “Blue” )

こちらも同じチタノタ”ブルー”なのですが、だいぶ印象が違いますね。ホリダみたいに棘が多くてかっこよかったので植木市で買ってきました。

アガベ・チタノタ 錦 (Agave titanota variegata)

アガベ・チタノタ 錦 (Agave titanota variegata)
アガベ・チタノタ 錦 (Agave titanota variegata)

まだ小さいですが斑入り種です。どんな風に育つのかこれから期待。

アガベ・チタノタ 錦 (Agave titanota variegata)

アガベ・チタノタ 錦 (Agave titanota variegata)
アガベ・チタノタ 錦 (Agave titanota variegata)

FO-76系のチタノタで季節で中斑が入るタイプ。同じ斑入りでも覆輪斑は棘がおとなしくなるのでチタノタは中斑がかっこいいですね。特にこいつは緑が濃くて気に入っています。

 

栽培しているアガベ写真はこちら→ アガベ写真

増えた子株は『メルカリ』『ラクマ』で販売しています☆

BRUTUS(ブルータス) 2019年7/15号No.896[新・珍奇植物]

新品価格
¥680から
(2019/8/26 01:10時点)

ビザールプランツ ― 灌木系塊根植物からアガベ、ビカクシダまで、夏型珍奇植物最新情報

新品価格
¥1,620から
(2019/8/26 01:10時点)

別冊Lightning 207 グリーンライフ (エイムック 4374 別冊Lightning vol. 207)

新品価格
¥1,728から
(2019/8/26 01:11時点)

ランキングに参加しています!
応援のクリックよろしくお願い致します!
▼ ▼ ▼
にほんブログ村 にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加







コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。