美味しいバナナを求め沖縄で多品種のバナナを栽培しています。グァバ、パッションフルーツ、マンゴー等の熱帯果樹、アガベ、アロカシアなどの観葉植物、多肉植物についても紹介しています。

本物のヒハツらしき物発見!

インド産ヒハツ





ふと楽天を物色していると、本物のヒハツらしきものを見つけて思わずポチりました!

インド産ヒハツ

なぜこれが本物かと言いますと、まず原産地がインドだと言うことです。

原料がインドネシアあたりの物はほとんとが、ヒハツモドキ(ジャワナガコショウ)だと思います。

本物のヒハツは別名インドナガコショウと言うぐらいですから、インド産なら可能性は高いはずです。

そして何より、うちでとれたヒハツの苗で購入した実と似ていたのです。

実物を見たことが無い人には判断は難しいかもしれませんが、写真で見てもヒハツモドキとは少し形が違います。

そして実際届いた物がこちら

インド産ヒハツ
インド産ヒハツ

うちでとれたヒハツの実はこちら

ヒハツの実

だいぶ似ているんじゃないでしょうか?

うちのを粉末にしたのはこちらです

ヒハツ粉末

比べるとこんな感じ

ヒハツ粉末比較

味や香りの比較ですが、今回買ったヒハツはやはりヒハツモドキとは違った香りでした。

どちらかと言うとうちでとれたヒハツと似ています。

しかし決定的な違いが!

辛い!!

うちでとれたヒハツは少しピリっとくるかなー?ぐらいの辛さなのですが、今回購入したインド産ヒハツはヒハツモドキと比べてもひけをとらないぐらい辛いです。

うーむ。これはどう言う事でしょう?

やはりうちのヒハツ苗は本物のヒハツでは無いのだろうか?

念のためヒハツモドキとも味比べをしてみました。

前からこちらも比べて見たかったので二個買ってきました。

ピィパーズとヒバーチ

大城海産物加工所のピィパーズと、海のもの山のもののヒバーチです。

どちらも原料はヒハツモドキですが、粉末の粗さがまったく違いますね。

ピィパーズとヒバーチ
上)インド産ヒハツ 右)ピィパーズ 下)ヒバーチ

ヒハツとヒハツモドキは香りは全然違います。ヒハツモドキはシナモンのような甘い香りがしますが、ヒハツの方はそこまで甘い香りはしないです。

ピィパーズとヒバーチの比較としては、ヒバーチの方が焙煎された感じと言うか、煎った香ばしい感じがして、ピィパーズの方は生の実の味に近いように感じました。


ランキングに参加しています!
応援のクリックよろしくお願い致します!
▼ ▼ ▼
にほんブログ村 にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加








コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。