美味しいバナナを求め沖縄で多品種のバナナを栽培しています。グァバ、パッションフルーツ、マンゴー等の熱帯果樹、アガベ、アロカシアなどの観葉植物、多肉植物についても紹介しています。

ヒハツで粉末を作ってみました





ヒハツの実がまとまって収穫できたので乾燥させて粉末にしてみました。

このヒハツはヤフオクでエ〇ゾ〇ィックプランツさんが出品していた物を買ったもので、ヒハツモドキでは無く、おそらく本物のヒハツであろう?物になります。

本物のヒハツのはずなのですが、生の実はまったくヒハツモドキのような独特の香りは無く、辛みも若干舌がピリピリする程度で、未だに本物なのかイマイチ確信が持てずにいます。

 

なので試しに粉末にしてみた訳です。

 

これが収穫した実になります。

このヒハツは熟しても赤くはならず、この状態で柔らかくなり若干甘くなります。

甘くなると困るので、ある程度固さがあるうちに収穫しました。

 

沸騰したお湯に30秒~1分ほど入れて殺菌します。

この工程を省くと乾燥中に表面にカビが生えたりするようです。

 

乾燥は天日干しでも良かったのですが、待てないので食品乾燥機を使いました。

ヒバーチと違って匂いもあまり無いので室内で乾燥させてもさほど気になりませんでした。

ヒバーチで同じことやるとヤバイです・・・

 

乾燥した状態がこれです。

おおー!だいぶ見た目はヒハツですね!

黒くなってだいぶ縮みましたけど。

 

次に水分を完全に飛ばすためにフライパンで炒ろうと試みましたが、時間かかりそうだったので断念

時短技でレンジでチンしました。ヒバーチのレシピ本では500wで1分15秒程度となっていましたが、途中ヤバそうだったので早めに取り出しました。

ちょっと焦げっぽくなってしまいました。やり過ぎたかもです。

ヒバーチよりも小さいのでもう少し短めが良かったようです。

最後にミルサーで粉砕します。

自家製ヒハツ粉末の出来上がりです♪

思ったとおりと言いますか、やはり香りも辛さもあまり無いです。

焦がしたせいか焙煎臭のようなもののほうが強いです(^^;

 

香辛料としてはあまり役には立ちそうにも無いのですが、もしこれにヒバーチと同じように毛細血管に良い働きがあれば、香りも辛さも無いと言うのはむしろメリットになる可能性もありますね!

ランキングに参加しています!
応援のクリックよろしくお願い致します!
▼ ▼ ▼
にほんブログ村 にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加








コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。