美味しいバナナを求め沖縄で多品種のバナナを栽培しています。グァバ、パッションフルーツ、マンゴー等の熱帯果樹、アガベ、アロカシアなどの観葉植物、多肉植物についても紹介しています。

銀バナナの特徴

銀バナナ

最近産直市場で銀バナナを良くみますね!

銀バナナ

いろいろなバナナの品種が認知されてくるのはバナナ好きとしては嬉しい限りなのですが、

人気が出ているからと言って、よくわからず間違ってラベルが貼られていることもあるので

ここで銀バナナの特徴を紹介しておきます。(※上の画像のはちゃんとした銀バナナです。)

銀バナナはKluai Namwa Nuan(クルアイ ナムワ ヌアン)という品種でナムワ系バナナの一種です。

ナムワ系バナナはもともと青白く粉をふいたような果皮なのですが、銀バナナはその中でもとくに青白さが際立つバナナです。

左)銀バナナ、右)通常のナムワ

 


ぶら下がっている状態でも、他のバナナと色が全然違うので結構すぐわかります。

銀バナナ

 

熟してくるとクリーム色というか、通常のバナナに比べるとかなり薄い黄色です。

銀バナナ

左)ミャンマーバナナ、右)銀バナナ

果肉は白いです。

左)ミャンマーバナナ、右)銀バナナ

 

銀バナナの味ですが、完熟させるとかなり甘いです。

あと食感はもっちりとしています。酸味はあまりありません。

糖度は28.9度。

一般的なバナナは20度前後、甘くても25度ぐらいなのでかなり甘い部類だと思います。

 

とにかく甘いバナナが食べたい!

 

そんな人には超おすすめなバナナです!

ランキングに参加しています!
応援のクリックよろしくお願い致します!
▼ ▼ ▼
にほんブログ村 にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加








コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。